おのれはどこに属するものぞ

少し上の段階の人とのリンクで

「あなたはどこに属している人でしょうか?」という問いかけが

今週、ありました。

属するといっても、既存の団体のことではないと思いました。

自分のことを「このぐらいの人間だ」と評価している、その見積りが既に正しくないのだろう、と指摘してきているカードのように見えました。

私自身も、おのれの見積もりを散々誤ってきた、というかものすごい勢いで過小評価し続けてきた人間で、つい最近まで自分の魂の底からの夢の優先順位すら下にランクされていたので、そういったことを含めてですが

それは、ひいては

自分自身が属する「領域」は、お前が思ってるとおりじゃないんじゃないの。

という問いかけだ、という感じがしました。

ウィズダムオラクルのThe Tribeというカード。私のウィークリーの「現在の学び」に出たカード。

その人のスプレッドにも入っていたのを、ふと思い出しました。

素晴らしい実力を持ちながら、自分は小さな地域で満足しようとしていたけれど、本当にいま出てこようとしているあなたの本当の夢や、本当にあなたが属している場所は、そこではないのではないか。

そんなある意味残酷にも思えることを、美しいオラクルカードは、つ、と目の前に指し示してきました。

本当の実力者ほど気取らない。その素晴らしさもあるのですが

自分が属する領域を見誤らず過小評価せず、真正面から把握することは、時にはもっと難しいことかもしれません。

だけど

それもまた魂の学びなのかなと

少なくとも今はそうなのかなと。

素晴らしい方々と交流させていただきながら、ふと振り返る、この一枚からの問いかけ。