うつわ

IMG_2881.jpg

最近、日々使う「うつわ」に注目しています。

お茶を大きいカップで飲もうが小さいおちょこで飲もうが何が違うのかも分からなかったのですが、昨秋頃、ふと「お茶って、マグカップで飲んでも美味しくないなぁ…」と思い、実家から余ってる急須と小さなおちょこみたいなものを持って帰ってきてお茶を飲んでみたら「あ、お茶ってこれだわ。器ってすごく大事なんだな」てつくづく思いまして、それ以来、うつわによって味わいが違うこと、そして身体への吸収され方まで違うことに気づきました。

正しいうつわで飲めば、胃への負担やそこから引き起こされる身体への負担、また風味や味などの良い感覚までが変わってきます。

味覚ってただ楽しむためのものではなく、自分の体にとってそれが「正確」であるかどうか?を完全に理解している、すごい機能なんだなぁ、となんとなく最近感じるのです。

IMG_2884.jpg

例えば、コーヒー。

東京で、実家の近所にある陶芸のお店の店頭でその湯のみを見た途端、脳裏に、コーヒーを入れてそこにたっぷりミルクを入れて飲む映像が浮かんで離れなくなってしまったのです。

湯のみでコーヒーなんて考えたことなかった…!と思ったのですが、どうしてもそれが魅力的で、購入。

といっても大人になってみると、高くないんですね、こういうのって…。こんな値段でこんないいものが買えるのかぁ、となんだか目からウロコが落ちました。で、茶碗も買いました。笑

そして家に帰ってコーヒー入れて、浮かんだイメージ通りに牛乳たっぷり入れて飲んでみたら、これがもう、美味しい……!なんともいえず味わいがあるのです。

これは完全にクレアボヤンスというやつです。浮かんだ映像どおり、直感の通り行動して正解!

あー。おいし。。

IMG_2988.jpg

裏側が星型みたいになっててステキなの。

星の形すごい好きなんですよ、宇宙人だからかなぁ…

ハートより星のが好きだな。

IMG_2893.jpg

ちなみにこれでビールを飲んでもすごく美味しかったです。笑

ところが!チェコに帰ってきて、エスプレッソを入れて牛乳をあたためていつもどおりのラテを作ったら、カフェラテはこれで飲むとうまくない…!重すぎて。比重がうまくいかないんです。

で、あれこれ試してみて分かった結果;

アメリカンコーヒーに牛乳を入れて飲む、といった飲み方なら湯のみ。

カフェラテなどの濃い飲み物は、マグカップ。

のほうが美味しかった!です。

摂る飲み物とうつわの比重が大事みたい。

今は毎朝、自分に一番しっくりくる器や「重さ」を考えて、調整しています。

IMG_3028.jpg

チェコで思いっきり日本式朝食を食べるの巻。(私としてはすごく珍しい…)

食べ物の軽い、重いは、チェコに来てから意識が行くようになりました。

というのはチェコは素材自体が全て、日本より重いのです。

牛乳やバターも、肉も、野菜すら、日本のより密度が濃いような、重い気がします。

かといって少しの量で済むかっていうとそういうんでもないというか。慣れの問題かな。。

和食を作って食べるにしても、日本よりカロリーが増えるみたいです。

チェコという土地がそうなのかな、と。

私が勝手に編み出した「重力が違う」という説明があって、これチェコ人の友達にしたらすごく面白がってくれたのですが、

地球の重力が1Gだとすると、

日本は0.9G

チェコは1.1G

っていう感じなんですよね。。

両方にいいところがあって、

日本なら体に負担かからず栄養取りやすいけど、フワフワ浮いてる気がして落ち着きづらい

チェコはいるだけですごく落ち着くけど、食べ物が重いので気をつけないと胃に負担がかかる

という感じです。

1Gのところに将来行くことはあるんだろうか。w

さて今となっては3週間前の話になってしまいましたが、帰国時もなんだか面白かったのですよ〜。

IMG_2976.jpg

帰りの成田エクスプレス、早朝なんですが、一時間半やることなくてとにかくヒマなんですよ。

で、ジェルネイルを趣味でやってる母に、成田エクスプレスの中でネイルをやってもらうという暴挙に出てみました。

一時間半があっという間でした。笑

これはいいわ!!

ここ一年ぐらいは、日本に帰ると母の実験台がてらネイルしてもらって過ごすんですが、一回やると「ネイルっていいなぁ〜」って思うよね。やっぱ爪きれいだと気分がいいし…。オラクルカードとか、手を使う仕事だし。

自分でもまたマニキュア買おうかなぁ、とチェコに帰ってきていろいろ見てみたけど、うーん…。どうしよ。。でも、やりたいなぁ。爪が呼吸できない!って感じが嫌いだったけど、ジェルは爪が呼吸できてるんだよね。あの皮膚が塞がれる感がなくて好きです。

で、

帰りの飛行機がANAだったんですが、窓がね!!!

なにせ12時間ほど飛んでるもんですから、その間に必ず機内を暗くして消灯する時間があるんですが、普通は乗客が自分たちんとこにある窓のブラインド?シャッター?(シャッターじゃないよな…)を下げるんです。が、この飛行機にはそれがなくて、なんと!自動で窓が暗くなるシステムだったらしいんです。。

私、なんでずーっと窓の外が水族館みたいな青なんだろう?すごいなぁきれいだなぁ…って思って写真を撮っていたんですが、しばらくしてアテンダントが来て

「すみません、自動で暗くするシステムがうまく働かない窓が時々ありまして、完全に真っ暗になってなくて青になっちゃってますが…」て言うんで、あ、これ誤作動なの?てなりました( ´∀`)。

IMG_2978.jpg

不思議ですよねぇ。これ…。

IMG_2980.jpg

そしてその後、その「自動ブラインド」が明るくなって窓の外が見えたとき、すごい不思議なものを見ました。

丸い虹…!

IMG_2981.jpg

よくみるとその中に飛行機の形が映ってるんです。

IMG_2985.jpg

不思議だったなぁ…。

というわけで、飛行機の長距離移動は全然楽でもないし辛いんですけども、もうひとつ秘密兵器を今回投入し、かなり軽減できました。

http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337774773

これです!

これですよ!!!

ビーズネッククッションにフードがついてるんですよ…………!!!!!!

みんなも買ったらいいよ!

空港にあるMUJI to GOで売ってるので要チェック!!

何がいいって、フードなので、アイマスク苦手な人でも寝たい時にさっと視界を暗くできる(かなり深く被れるのでちゃんと暗くなる)。そして、メガネ人でも安心!メガネしたまま被れるので、アイマスクするためにメガネを外さなくてよい!メガネのまま寝てメガネのまま起きれる!

というわけで

これは本当に買ってよかった。。

あとね、前にも書いたかもですが、こういう枕とかクッションとかぬいぐるみとかは、荷物に含まれないのですよ。飛行機の規定読むと書いてあって、全世界どんな飛行機に乗るんでもこれはいけるんです。長時間のフライトのストレスを軽減するものとして、そういうのが大事だと認識されてるわけですね。

そんな具合で雑記を一気に書いてみました。

ふぁ〜相変わらずいろいろ詰まってるけど…なんとかしていきたいと思います…!

夏はすぐそこ。