ブレなさ。

自分のあまりのブレなさに、人にも言われるけど、時折自分で気づいてびっくりするってことがよくある。

昔からあるし今もある。

これが大事なんだ、という項目に関して、とにかくとんでもなくブレがない。

「どんだけブレへんねんっ!」て自分でツッコミたくなるぐらいブレてない。

同じ人と話していると、全く違う話をしてたのにも関わらず最後にはキッチリ同じ結論にたどり着く、ということが何度もあるので、自分で言うのも何なんだけどあまりにも説得力がハンパない。

どこからどう切っていっても同じ結論にたどり着くから、それが真実であると認めざるを得ない。

しかも、私はそれを一切計算してない。

自分が「絶対にこうだ」と思うことが、ブレないからである。

しかも、10年どころか20年30年単位で、つまり、生まれたときから今まで基本的に全くブレていないのである。

まーおどろく。びっくりする。あり得ない規模でブレてない。

18歳の時の自分が、未来に関して言っていた通りに今なってる、と29歳ぐらいの時に気づいた時には、正直おったまげた。正に、おったまげたものでございます。

何なんだろうね、この「ブレなさ」っていうのはね。。

自分でも全然よく分からん。

別に自分の意見を意固地になって守ろうっては全く思ってないし、むしろぶっ壊そうとする勢いの方が強いぐらいだし、全く違うジャンルの体験をしようとするのも、かたくなな自分を打破したいからであって。

なのに、真実の核の部分は変わらないので、そこをかえって強める結果になって帰ってくる、みたいな。

しかも、別にそれを得ようとは全く思わないでやってる。から、びっくりするっていう。

ファインアートをやらされようとも

自分史を書こうとも、全く何も意図しない絵から詩をもらうプロジェクトをやろうとも

オラクルカードを適当に引こうとも

カードの引き方を教えようとも

ただの友達付き合いで勘づいたことを実行してるだけでも

結局、他者にその経験を話していくと、「だから、私はこれが大事だと思うんだ」というたった一つの結論に、あり得ん勢いでキレ〜〜〜イにたどり着く。。。

「よくそんなに繋がってるもんだね!」て言われることもしばしばです。

まぁ、自分でもそう思う。そのまますぎてもう。

それと、何ヶ月も前に、ある人について予言した発言が、そのことが全て起きた後にも全く同じ言葉が私から出てくるということもざらにあって、というか常にそうなので「よくブレないねっ!」ていう。

だから自分でも、頑固な人には「ねえ、私、数ヶ月前に全くおなじことあなたに言ったよね。私の意見がブレたことが、一度でもありましたか?ありませんよね?」て聞く。すると「うん、同じ事言ってた…。。……なんで?。。」て言われる。けど、だって分かってたんだもの。分かってたからそう言ったんだもの。としか、私も言えないというね。私からしたら、何が分からへんのか言うてみいや、というほど分かりやすい出来事なんですけども…。なんていうこともザラ!ほんと。

いやなんかもう

ほんとにたまに、何だこのブレなさ!と思うんです。

と、いうお話でした。

なんかふと思い出したので、記録っと。