ありのままの現在。

すんっごい、今思ってることを、そのまま書いてみます。できる限りそのままになるように、書いてみます。

私、すごい変わりました。

今までしてきたことや自分というものの現在の理由についてすごく納得でき、メンタリティーが安定したので、むしろそれを守護するものを求めるようになったほどです。

今まではとにかく浄化、リフレッシュ、自己否定的価値観の排除排出がメインだったのですが、ある意味全部の整理がしっかりとついたのでしょう。

その上で、オラクルカードリーディングは、自分の中でめいっぱい「静」の部分を表現するものだということに確信が持てました。

私にとって、絵は「動」です。

私の人生をめいっぱい突き動かし、繊細で引っ込み思案な自分に次々に新たな世界を見せ、自分という感覚世界全部を目の前に突きつけて創造を求めることで、人生を動かしているものです。

そしてカードリーディングは、いわば目盛りをめいっぱい振り切るほどの「静」なのです。

完全に導きの受動に徹し、自分の感覚全てを使って魂の世界に入り、価値観そのもののスイッチが切り替わり、それをただただ、ひたすらに言葉で表現しますが、その「表現」すらも、私というチャネルを利用して皆さんが天から引き出す情報に過ぎません。そこには私自身の創造があるのではないのです。神の創造物である「あなた」があるだけなのです。

ですが、この徹底した受動行為があればこそ、私は絵の活動において、めいっぱい「能動」できるのです。

自分でカードをし始め、自分や、せいぜい身の回りの誰かにたまに引いているまでは、その「受動行為」は外の世界まではみ出すものではありませんでした。同時に、私の絵というものも、本当に外と繋がっているのか、自分にはまだ理解できませんでした。絵は「わたし一人が好きでやっていること」だと思い込んでいたので、私の絵を楽しんでくれる人々がいることすら、私には正直理解できていなかったのです。

ところが、オラクルカードリーディングが徐々にそれまでの振り幅を広げてはみ出してしまい、「活動」として外の世界へ出るやいなや、私がただただ「自分がやりたいからやってるだけ」と思っていた絵たちが、実は外に向かっていき、しっかりと繋がっていくことでもあったのだと、ふと理解できるようになりました。何故だかだんだん、絵での活動に対する思い込みまで変わっていたんです。

そして7月の終わりに迎えた個展で、「答え」を、私は受け取ったのです。来た人の反応から、心から打ち明けた希望に対する皆の答えやアイディアや知識や感想から。

絵でも私はちゃんと世界と繋がっていて、対話ができるということ。

私の本当の夢はとても複雑で沢山の技術や経験を必要としたから、今まで意識は迷っていたけど心は迷っていなかったということ。

無駄なものは本当に何一つなく、全部に完全な意味があったのだ!ということを。

そういう体験をしました。

そして、これは自分にとって「静」である活動…カードリーディングをやったからだ、ということが分かったのです。(無論、内外共によりパワフルに幅広くオラクルカードと過ごすことで、私自身が癒されていったということも大きいでしょう)

ここで私の価値観は大きくひっくり返りました。

この半年、オラクルカードのことを始めて以来、今この活動が私にとってものすごく大事で大切であると強く感じ、全身全霊を傾けてエネルギーを注いで取り組んできた一方で、私は創作もせずに何をしているんだろう、、、とも、ずっと思ってきました。絵に直結するようには一見見えない活動だからです。

しかし、夢に対してただのダメなやつだと思っていた自分が、実はしっかり自分独自の夢に対してやるべきことを確実に積み上げてきたこと、思い切って冒険した決断が成功に転じたこと、自分には内面的に何の得もないと感じられるカードリーディング‥‥‥だって、私が何かを創造できるわけじゃないので、普段創造にばかり意識が向いてる私からしたら、ただひたすら直観を使ってメッセージを読み解く作業など、それほどエキサイティングな作業ではないわけです。もちろん、メッセージを読み解き伝える「イタコ」としての充実感や精一杯働いてる実感や、お客さまのぱぁっと輝いた笑顔など、得るものもあるのですが、、創造マニアである私個人という人間としては、そういう側面もあるということなんです。

‥‥‥でも、静を表現するこの活動こそが、絵にとっても決して損ではないばかりか、自分の全ての活動においても、とても大切なことであることが…よく分かったのです。

そして「画像」から何かを読み取り、「言葉」をも生み出していくというのは、以前も書いたかも知れませんが、私が普段している創作行為と全く一緒の行動なため、私個人には何の違和感もないことなのです。

これが、いいトレーニングと言わずして、何になるのでしょう!

この新しい観点が自分の中でしっかり確立するまで、お盆過ぎまでかかりました。

それから、絵の活動のためにチェコに行くという、大きな「動」の機会が決定しました。

それを受けて、私の中ではその大きな「動」を表現するということは、

同時に「静」も表現しておかなくては

バランスが私の中でしっかり取れず、大きく動くための「バネ」みたいなものも作られないだろう、と感じたので、

よし、リーディングをやろうと。

思いっきりインスピレーションやメッセージをただひたすら受け取る作業をすることが、

思いっきりインスピレーションやメッセージを発信する作業の時に必要になるのだ、ということが、生理的に非常に強く感じられるのです。

というのは、エネルギーの法則というのは、

陰と陽、同じ振り幅に振り子が振れるという、ただそれだけのことだからです。

ということは、強く「陰」に振れれば、それと同じだけ「陽」へ羽ばたく力をも得るということです。

自分の事情でリーディングやるなんて、きれいごと言う上に勝手な、、、と思われるかも知れません。

ですが、わざわざ本業が他にある「私」が、これほどまでに強く必要性を感じてカードリーディングをしたい、そしてそれが出来る限り多くの人へ祝福を手渡しする行いになりますようにと願うのは、

それが全て「自分」に返ってくることを、私は知っているからです。

私は一方的に与えたり、一方的に受け取ったりするのではないのです。

ということは、トゥルシーカフェへいらっしゃる全ての方も、一方的に受け取ったり、一方的に与えたりするわけではない、ということなのです。

全ては回り回る。

だったら、私は、「本当」のことしか回したくない。

私が「本当のこと」だと思っているのは、

わたしたちがどのように思おうと感じようと、この世界は全て良い方向へと全力で進んでいるのだということだ。

霊的なこととか、

天界のこととか、

エネルギーの法則からちょっとしたマメ知識に至るまで、

私のところには今もいろいろ、集まって来てはいるんですが、

それがどうこうということじゃないな、と思って、なんだか言葉にできないのです今。

そういうものより、自分の芯がすごくしっかりどんとしたので、そっちが自分を動かす優先度の方が高いのです。

でも、リーディングしてみると、案外普通なんですよね。(笑)面白いんです。。

カードはね、セッションです。お互いが、そして場の空気や登場人物すべてが響き合って、出来上がるものです。

例え何かや誰かや内容が、良いように見えても悪いように見えたとしても、その人とわたし、という必然性の中にあるもの以外は、起こらないんです。

だから、セッションでこんないいことがありますよー!とか、

みんなこうなるよー!なんて、

わたしには、言えない。

宣伝みたいなこと、書いた方がいいのかなとか、思うんだけど、

今まで見てきた全ての人のケースを考えると、私にはそんなこと、言えない。

だけど、

これだけは絶対に確かです。

全ての人には、いろいろな形で、しかし確実に、

すばらしいギフトが与えられていて、

それを使いこなすための力もちゃんと持っているっていうこと。

そしてその形は、十人十色、60億人60億通り、全て違うということ!

だから、わたしがしたいのは、いろーんな興味や特質や才能や感性や思考や特技や悩みや苦労を持った全てのそれぞれの人に今、示されてる祝福を、

一緒に見つけ出しましょう!っていうことです。

それ以外のことはね、私、したいと思いません。

だって、それ以外のことは、私にしてみれば

「本当のこと」じゃないからです。

「本当のこと」は、一見すっごく地味で、意味があるのかないのか分からないような時すらあります。笑

でもね、何故だか、じーんと心の奥底に響いて染みて、

ふっと気付くとずいぶんと長い間、自分を祝福してくれていることに気付いたりするのです。

私の友達に、たったの一回、三枚引きをやったことがある子が二人いて、それはもう一年半も前なのに、

未だに「あの時、リーディングしてくれてありがとう!あれが自信になってる!」て、言われるんです。(笑)

面白いですよね。すごい面白いなって思った。

そして、やっぱりオラクルっていいなって思います。こういう良さって、「本当のこと」特有の伝わり方なんだよね。

そうそう、そして、「一緒に」見つけ出す!っていうのがとっても大事。

誰かが勝手に私の人生を読み解いて助けてくれる…なんていうのは、結局あなたの力にも自信にも、全然なんないからなんです。

自分で自分の人生について、受け止め、思考し、感じ、時には悩み抜いたり自分がキライになったり……。でもね、そこまでして、ちゃんと自分と向き合おうとしているなら、必ず、ヒントが見つかります。

逆に言えば、普段全然そんなことをしようとも思ってない人は、まぁ…カードに聞く必要も感じていらっしゃらないでしょう。(笑)それはそれで、いいんです♪だって必要ないなら、いいじゃない。要らないことをする必要は全然ないんだもの。ね。

あ、それからそれから!大事なこと。

これ書きましたっけ…?

もう私はね、トゥルシーのない場所でリーディングは、する気はありません。

やっぱ、トゥルシー飲まないとやる気出ない!(笑)ていうのと、やっぱり私のリーディングを分かってくれてるパートナーがまりこさんだから、って私は思ってる。それって本当にものすごく奇跡のようなことで、そうそうある出来事じゃないのだ、ということが、すごくよく今分かってる。

私は、彼女と一緒に活動してると思ってるんです。このブログですら、私のアイディアや動機で書いてはいるけど、トゥルシトゥルシがなかったら、リーディングをする私ってのは存在しないわけですからね。

だから、私のリーディングも、ワークショップも、必ずトゥルシーと共にある。ということに、もう決めてしまいました。はは。はい。

よろしくお願いします。☆

なので、ですね。

わたし、トゥルシーカフェ0909&0916、すごーく楽しみにしてるんですけど。

こんな考え方をしてる、ちょっと変わった?私でよかったら、

ぜひいらしてくださいね。

私にもそうであるように、きっと皆さんにも、意義ある「静」の時間、という名の動の時間になるんじゃないかと思います。

個人情報なんかが全然いらないのは何故かっていうと、私が「この方は、どんなことに興味があるのかなぁ」「どんなクセがある方なのかなぁ」「あ、こういうのにキラキラするんだ!」とみっちり観察しながら、カード読みを進めているからです。好きなんですよね、、。

うん。私多分、それが一番リーディングの中で好きな作業かも知れない。笑

なんかその最中、妙にやすらぐんですよね、、

なので、どうぞたくさん話してくださいね。いっぱいお話聞くと、どんどんメッセージやインスピレーションが降りてきて、リーディングもどんどこ正確になるのは実証済みなのです。会話が大事!もちろん個人情報は一切外には出しません。当たり前だけど、約束。

そんなわけで。

どんななるのかなぁ…。ちょっと心配だけど。

ありのままに、今自分が感じている実感を、書いてみました。

長文読んで頂いて、ありがとうございました。

ではでは、おやすみなさい。