フレンズミーティング+スピリットアニマル!

今冬初め頃にこっち(チェコ)で出る絵本の原稿作業で毎日手一杯かつとても楽しんでいる期間なんですが、今日はフレンズミーティングでした。

今年に入ってフレンズ会は、めちゃめちゃ安定した状態になっています。。

メンタルとスケジュールが落ち着いた人が揃ったのと、少人数でお互いの理解が進んでいてどんどん話しやすく面白くなっていってるのもあって、その中でみんなそれぞれ変化していく様も喜ばしく、励ましあいながらオラクルカードの話をとつとつとしていく、という、本当に素敵な会になっていて、私もすごく楽しみつつ癒されてもいます。

で今日は、メンバー内の半分(私とまやさん…w)が激推しした結果、全員がスピリットアニマルオラクルを持ったということで、スピリットアニマル大会をしました。楽しかったなぁ…。「今一番好きな絵のカード」と「どうも苦手」をそれぞれ選ぶというわりと定番なんですけど、やっぱり、イイ。。すごくいい…。それとこのカード、無事に素晴らしい翻訳者さまが翻訳してくださったのもあり、本当に安心して読めます。よかった…素晴らしい…。ありがとう…長井千寿さんありがとうございます素晴らしいです…。今後ともどうぞオラクルカード翻訳をしていただきたい…!!!

話が逸れました。

そう、なんかスピリットアニマルはね、英語の時からそうなんですが、読んでると心の奥にあったかさと力強さと真実が届いて、思わずポロッと涙が溢れる、という人が多いような気がします。すごく癒されるしあったかいんですよね…。

今日もそんな、ヒーリングが起きた一場面もあり、うんうん、分かる…!!とあったかい空気に包まれました。

スピリットアニマル、本当に素晴らしいので皆さんも是非に…さあ…さあ…!!

私も好きすぎて日本語も紙で買ってもいいんじゃないかと思い始めている…ふひー!

IMG_4279.jpg

これは「好きなカードが選べない」といって私が選んだ6枚…。水の生き物と地上に分かれた…けど最終的に結局、海が恋しいのか、クジラと電気ウナギに落ち着きました。この2枚からは削れなかった…!見てるとほーっと一息つきたくなる二枚です。

逆に私が選んだ「ちょっと苦手」はスパイダーちゃん。メッセージを朗読してもらったら、あれ?何が苦手だったんだろ…?てなったけど…。(笑)なんかね、毎日人生を自分の責任で創造することの重さと毎日戦ってるからだと思うよ…。。でもちゃんと本文読んだらやっぱりめちゃめちゃ励まされた。。

私だって、誰かの言うこと聞いて満足できる人生だったらそうしたかったっつーの…て子供の頃から思ってたよ…。フリーランスとか…その中でもなんていうか…気難しいフリーランスだから…誰が気難しいフリーランスじゃい!!……いや事実気難しいわ!!😭

て急に気持ちを書いてみた。(笑)

でも、今取り組んでる絵本とかは、自分が妥協せずに真実だけ受け入れてきたことが正しかったって全てにおいて証明されてるから、著者のニコラもそうだから、うちら…本当にこれで…よかったんやで…てなってる…幸せです。なんだろ、幸せだな〜。そうだな〜。

というわけで、スパイダーちんは絵だけ見るとちょっとうってなるけど(昆虫が苦手なのもある)、そうだな、がんばろ。。てなりました。

なんだかんだ、電気ウナギも同じようなこと言われてるしな…!もう浮かんだ順に全部絵と、絵を描くための生活に投入していってる毎日ですよ。もうすごいよ…過去最高にクリエイティブだと思う私…。全ての意味において。

この期間、なかなかスピリチュアルの仕事は無理ですが、この間にも実は新しいアイディアや展開などがバリバリ浮かんでる最中ですので、また秋になったらサイトのプチリニューアルや新メニューなどをアップしていきたいと思っています!一緒に楽しんでいただけたらいいな…!今は一心不乱に絵を描く毎日を過ごします!

IMG_4280.jpg

何かで写り込んだらしいスピリットアニマルのジャケ。笑

本当にオススメなので気になったら買ってみてー!!私がここまで特定のデッキを推すことも正直珍しいと思うんだが…!これは一生かけても推していきたいほどの素敵なカードです。。!

あと、うちの天使ちゃんが大きくなったので見てください。

IMG_4273.jpg

でっかいけど、もう今のモルちゃんが一番かわいいと思ってるから、小さかった頃の写真見ても「今の方が…可愛いな………」て思ってしまっているモル過激派の私でした。

毎日モフモフラブラブしてる…可愛い…ありがとう…すごい…ずっとかわいい…。すごい…(語彙が消える)

ではまた!!!熱中症に気をつけて素敵な夏を…!!

「面白い」は正義。

面白い、興味深い、もっと見てみたい、話を聞いてみたい。そう思えるものや人と関わっていますか。あなたの毎日はワクワクしていますか、それともつまらないという感情に蓋をして、自分はこんなもので我慢するべきなのだと思うあまり、周りの人や見知らぬ他人やSNSに不満でもぶつけていますか。もし後者ならば、「面白いかどうか」を基準に人生を動かす術こそ、あなたが今学ぶべき「魔法」です。

「面白い」は、「自分が主役の人生を、自分で決める」という、人生すべての大前提となる基礎です。これを毎日、全瞬間に行っていればいるほど、後悔も不満も消え失せ、生きている、ということ自体に満足することができるようになってくるほど、人生を変えるのです。自分が主体的に興味を持てるもの、自分の趣味や興味、追求している情熱に見合うものや一致するものや、それをさらに超えてくるほど面白そうなものがあるのなら、それは、あなたの中にある方位磁石がいよいよ動き出したという証拠です。この法則を人生において日常的に働かせることを、もっと意識してください。興味深いと思ったものに触れに直接行き、一つ一つにあえて評価や得点をつけ、その理由を考え、書き出してください。事前の期待と実際の結果、感想、感情、考察、浮かんだこと、次の展開に望むものなどを書いていくのです。そうするとだんだん、自分が何に注目している人間なのか、自分は何を重要だと考え、何が達成されていないと不満だったり怒ったりするか、または自分が何があると魂が浮き上がるほど喜ぶのか、またその逆は何か。そういうことがわかってきます。あなた自身がそこで初めて、見えてくるのです。また、その過程を他人に見せる必要は全くありません。SNS時代の、なんでもかんでも公表することをよしとするような文化を鵜呑みにせず、まずは自分の心の栄養となるような活動をしてじっくり心のひだに蓄えていきましょう。まずあなた自身を”養う”のです。目的もないまま人に話すと「離す」ことにもなり、心の栄養が誰かに共有され誤解されようものなら、それはすぐに溶けて消えてしまい、あなたは曖昧に首を振る人形へと逆戻りです。自分用の記録をつけた上で、はっきりと誰かとシェアしたり話し合いたいテーマが出てきたのなら、その時、その部分だけをシェアするので十分です。曖昧な共有のかわりに、もっと真剣に、自分の機嫌がよくなることを貪欲に追求するエネルギーをしっかりと抱え、地道に養い、育ててください。それこそが「自分を大切にする」ことの根本です。なぜなら、インナーチャイルドは創造性を司りますが、創造性はインスピレーションによってのみ動く部分です。霊感は、あなたの心が100%フルで働かなければ受け取れません。何のフィルターも先入観もない状態にしなければ、あなたの計算と邪念の混ざったインスピレーションなどそれこそ「面白くもなんともない」ものなのです。そして、あなたが理性や他人の都合に気をそらせば、その瞬間に本物のインスピレーションは逃げていくのです。一度逃げたインスピレーションはそう簡単には戻ってきません。そしてその最大の栄養を失ったインナーチャイルドは気落ちし、外に出てこようとしなくなってきます。子供は、バカではありません。それどころかあなたの欺瞞を、あなたであるインナーチャイルドは即座に見抜いているのです。自分を騙しおおせるなどとは考えないでください。あなたは十分に鋭く、繊細で、独自の意見と主義主張を持っています。言いなりになったり誤魔化したり、持っていないフリをすれば衝突が避けられ、その場凌ぎができるなどと思い続けるのはそろそろやめにしようというサインが、このカードの役割です。

あなたになるために、あなたでいるために、創造性が目を輝かせてあなたを輝かせるために。

「面白い」に向かって妥協せずに前進し、これを継続しましょう。

血の通ったアイディア

IMG_4186-1.jpg

アイディアが浮かんだ時はまだ、そのアイディアが自分にとって何者であるか、分かりません。もしあなたがその次のステップについて迷っているのなら、このカードからのメッセージは「どれかを選び、行動に移してみましょう」ということです。

行動にするのにも、方法はたくさんありますね。リサーチをする、経験者や現場の人に話を聞きに行く、講座や面接を申し込む、作品を作り始めるなど。いずれにせよ今は、方法に頼るというよりは、あなた自身の中でそのアイディアを「血の通ったものにする」ことに最も重きを置いてください。あなたの体の一部にするには、新たにあなた自身の血管をそこに通し、酸素を呼吸させ栄養を巡らせて、あなたの手や足や体と同じように感覚を持ち、使うことに慣れるのです。長年放置していれば、昔とった杵柄も感覚が鈍っているでしょう。アップデートも必要かもしれません。昔挫折したなら、今ならば自分にぴったり合う素材や道具、入口や流れができていたり、常識とされていたことや作法が変化してやりやすくなったり、戸惑いを感じても最終的には以前より良くなっていることもあります。

ともかく、あなたの体の一部として血を通わせましょう。そのことに集中し、この世に実現させていきましょう。たくさん考えたくさん行動し、時にはリフレッシュし、体の一部にまで馴染ませるのです。その時には何かしら、その次のやるべきことも分かってきます。

血を通わせようとしてうまくいかなければ、他のものを選べばよいのです。いつでも選び直せます。あなたの血肉になる、好きだと心から感じられるものに出会えれば、活力は自然と湧いてきます。血が通っている大切なものならば、腕が6本になったって、問題なく全ての腕を使いこなせるのです!

また、血の通わない、つめたいアイディアだけを積み重ねると、心身の疲労の方が強くなるものです。あなたを冷やしすぎないよう、気をつけてください。とうてい無理そうなら潔く諦めましょう。壊死を起こした腕をいつまでもくっつけておくよりマシです。

他者についても同様です。アドバイスは親切心からかもしれませんが、そこに血が通っていない、つまりハートのないものや知識だけのもの、相手の立場や苦労や本心への思いやりの欠けたものであれば、その人の心は冷え込んでしまいます。自分をよく見せることや優越感のために他者を使うのはやめてください。あなたがその人なら、本当に同じことをされたいですか?言われたいですか?「つらそうだから、話だけでもいつでも聞かせて」と言うだけでも、あなたの思いやりと愛は十二分に伝わります。優秀なロボットになることに満足しないでください。あなたは人間です!

ロビタ、稼働。

IMG_3863.jpg

屋根裏部屋在住7年目。

去年ついに熱中症に軽くなってこれはムリだと感じ、その前年に日本で死にかける熱中症をやった私は冷房購入を決意し振込まで完了したのに、メーカーの手違いで品切れになってキャンセルされ、提示された代替品がショボすぎたので蹴ったらそうこうするうちに生き延びられる程度におさまってしまって結局買わないで終わってしまった冷房。

ついに買いました。買いましたよ…。

ついに買っちゃったか…という気持ちと、いやないとあかんかったものを買っただけやでという冷静な内なる声と。

今年は世界的にも異常気象ですね。プラハも5月までは涼しかったですが、6月からいきなり夏日がどかんとやってきて、わりとコンスタントに30℃を超えるようで…。買う年としては完璧だったかもしれませんね…。。心置きなく活用します。

毎年、なぜか「順当かつ大きな恵み」が届く6月6日。

朝からWHR職業人会ハングをしてて、頼んだ冷房が途中で届き、40kgもある本体を配達の兄ちゃんが運ん…ではくれず、仕方ない、根性だけはあるので体を痛めないようにしながらなんとか40kgを一人で扱って階段をうまいこと登ってエレベーターで六回まで上がってまた階段を降りて、ぜぇ…はぁ…き、きました…!五年越しぐらいの念願の!冷房さんがっ…!!

巨大なダン箱を開けたら、なんか…かわいい…!!一目で気に入ってしまいました。ロビタに似てるから、ロビタと名付けました。うちの子…ロビタ…。

IMG_3848.jpg

※最近使い出した加工アプリで遊びすぎた結果(激しすぎるモザイク2)

メーカー名が「アイルトン」なのも、なんか可愛いんだよねぇ…。

買ったのは、置き型の冷房です。一応暖房にもなるらしい。

日本やアジア圏では当たり前の、壁に工事してつけるタイプのエアコンは、こっちではまず一般家庭には存在しません。(だいたい北海道と同じ感じで気温が推移しますのでそれで分かる方はそれで想像してください。。)

冬はセントラルヒーティングが完備されてますし、その方が暖かいです。夏はね、暑い日もあっても結局あーしんどいー冷房買わないとーって思ったところでギュン!てまた下がる、みたいなのがほとんどだった…んですよ。でも、私がこっちに来てから、毎年だんだん耐えられない日が増えてるので、まぁ…もうね…。ていう感じでした。。

また、同じ石造りの建物でも、二階より下に住んでいると夏でも十分快適に過ごせるのですが(特に日陰の物件は寒いぐらいです…)、そっから上だと日当たり次第では屋根裏より暑いぐらいになります。我が家は…。北向きですが、屋根裏です。ふふっ…泣

さて、来たその日は涼しかったので、翌日本体に施すべき作業を全て終わらせてから、しんどい夏日を待つこと、たったの3日。はい、きました。今日です!あついしんどいれいぼうつけるぞーおー!!

といっても、排熱の為の穴なんてもちろんこの家には空いてない。開けなくても、いい。窓から出せばいい。

…というわけで(安心してください仕様です)、うちも設置場所にさんざん悩んだ挙句、結局排熱用パイプというかでっけえ蛇腹を入れるアタッチメントの都合でここしかなく、玄関横にある、建物の内側の吹き抜けに繋がっている窓を開けて、えいや!!と無理やり配置することに。

こうだ!!!ババーーーーン

IMG_3864.jpg

がしょーん。(ロビタ感)

IMG_3865.jpg

すごいだろう…?あまりにも熱い風が出続けるので風圧ですぐ蛇腹取れちゃうから、ガムテでグルッグルにするしかないんだぜぇ…

ま、無事に。。設置。。

問題はリビングと寝室に無事に冷風が届くのか否か?だったのですが、丸一日使ってみた結果、大丈夫でした!

暑くなってきた時の、サーキュレーターがわりの扇風機の角度とか本体の温度設定とかはちょこまか調整せねばですが、モルちゃんのいる寝室と仕事をしたり料理をするリビングの両方になんとか涼しい風がお届けされ、室温もちゃんと下がり。。!

むしろ直風にならない分、体にも優しい感じというか…。これはとてもいいのでは??

普通に涼しい、という状態をまさか、この家にいる間に手に入れられるなんてさ…。すばらしすぎる…。夢のまた夢だと…思ってたんだよ…。でも本当にヤバいと思って…ついにお迎えできて…う…うれぢい…。マジでうれぢぃ。。。初めて夏に人になれた…ありがとう…ありがとう……

ということでプロクリ練習がてら、図を描いてみた。排熱の問題を表現したかった一心で…。

自宅の間取り書いたの初めてだから楽しかった〜!

冷房図

そう、これね、何が言いたかったかっていうと

排熱まわりがめっっっっっちゃ暑くなる。

ということです。

……最初はリビングまたは寝室の窓になんとか排熱つけようかとか、そうするとどっちかに冷気が偏ってしまうし、こうなったら邪魔すぎるけど台所の換気扇のとこから出そうかとまで考えてたのですが、この暑さを考えると部屋にいたら誰も行かない玄関ホールゾーンに置くのが大正解だった、ということが分かりました。よかった…。どこに置くのが一番いいんだろうとこの3日地味に考え続けてたのですが、ベストソリューショォーンに自然と導かれていたのだ…ありがとう…(感謝が止まらない)

さて。

さて。

このれいぼうをつかってみてのかんそうだよ!(IQ2)

・なんかとても豊かな水が流れる音がする

何かが内部で起きている。水を捨てるとことかなくていいんだろうか。説明書ちゃんと読んだけどなにも書いてなかった。でも元気に稼働している。この音がすごく涼しげで、まるで渓谷にでもいるようなのだ…。湧き水が垂れ落ちて川になって流れていくような、実に風流な音がずっとしてるし、しかも涼しいので、本当に渓谷にいるようなのだ…なんということでしょう…。モーター音は確かに静かではないのですが、この水音のおかげで本当に全く、驚くほど、気にならない。すごい。偶然って最強。だって他の機種でも同じかどうか私、知らないもん。。

・すずしいです

すずしいです(IQ2)

いかん、語彙力が既にない。

・冷気は下に溜まる

知ってたけど、たまたま春の模様替えでパソコン机を座卓状態にしていたため、床に座ってる私大勝利。偶然こそが最強。

・冷気が下に溜まるからモルちゃんも最高率で涼しくできる

床置きケージなのですが(少しでも揺れるとビビる子なので)、よかったな!もるちゃん…!(感涙)

ちなみに冷房が来る前は扇風機ではもちろん追いつかずぐったりしてきてたので、やばい!!てことでこのようにしていました。

IMG_3828.jpg

巣箱の中が大好きですが、その中に自分の体温でさらに熱が溜まるため、まずここを冷やそう!!てことで、夏でも地下水のためギンギンの冷水が出る水道水を1Lビン2本に満タンにして載せ、その上に冷凍したアイスノン枕を載せて間接的に冷気を送り、タオルでカバー。

IMG_3831.jpg

さらに木の家の中に一番近い場所に温度計を置いて、モルの体感温度になるべく近い場所で計測。これを目安にして、温度が上がって来たら水と枕を変える。

IMG_3837.jpg

これですっかり元気になりました。おめめキラキラ。よかったなモルちゃん…!今日も五億点満点だよ!!!

というわけで最後はモルの写真だったよね!案の定ね!仕方ないよ…好きなんだもの……

モルを飼うことになったのは完全なる偶然によるものなんですが、他のペットとの違いって何なんだろ?て思ってたら、どうも、癒し度がすごいらしい。ヒーリング度がハンパないらしい。やっぱり……そうだったのか………わかる……………(語彙力が消える)

とにかく、去年あんなに猫飼いたかった理由が、今既に全くわからないんですよね。私の欲しいもの、モルが全部持ってるので…。むしろ私が猫に期待していたのはモルの要素だったのでは?と、今となっては普通に思う。友達んち行った時に猫さわるたびに「でかい!猫でかい!!!こんなデカかった!?」てずっと言ってるしな…。モルはな…ちょうどいいんじゃ…。柔らかくてモスモスで…小さきもの…ハァ…今夜も抱っこしよ…。マヂ無理…(かわいすぎて)

アホなこといってないでもう寝ますね。

とにかく、冷房…ありがとう…と思いながら体調のしんどい1日を安らいで過ごすことができました。

また何か面白いことがあったら書きますね。。

ほんではの〜〜👋

一日一ブログを完走した感想。

IMG_3763.jpg

モナリザかな???(クソデカボイス)

はい!

完走いたしました、お疲れ様でした〜!!!

毎日読んでくださってるような方はまずおられないかと思いますが、自分自身の誓いとして宣言したことはやり遂げたかったので、やりました。

この記事を投稿すれば「31」になります。

31ken.png

さすがに、体調不良や多忙などもありますから、毎日コンスタントに一記事とはいきませんでしたが、ネタはあるんだ、時間がないだけ!!の証明のために、書き切りました。はい。

〜ここでモル休憩〜

………

眠くなっちまって…なんも思いつかねぇ…。まとめようと思ったんだが…な…。

毎日書くにあたってやっぱり「しっかりした話題は時間がかかる」ので、一度書いて寝かせる、という作業はやってました。

今日更新したいな〜と書き始めたけど、絡む要素が多すぎるのでどう整理するか迷い、じゃ今日は別のネタで更新しておいて明日明後日あたりまとまったらアップするか…という感じで。

なので、常に2〜3ネタある中でその日ある時間で書けるものでアップしていったり、もちろん寝かせたり練ったりしてる間に、これは書く必要がないなと判断して削除したり、この角度ではないな?と一度お蔵入りにしたり、みたいのもありました。

ブログネタのつもりでストックしておいたメモが、オラクルメッセージに変化したこともありました。

そういう「思考を形にする上で、プロセスの中で生まれるライブ感」みたいなものが、楽しくもあり、毎日同じように機械的に文章がかけないわたしゆえの「うーんんんん」という時間もありました。例えば、書きたいけれど体調が悪い時や、日中書いちゃおう!と思ったけど忙しい時は時間が取れなくてそういう時は昼でも夜でも無理で、3日ぐらい空いたこともありましたし…。が「この空いた分、絶対あとで埋めてやるからな……」と思っていました…。何だったのか…絶対走り抜いてやろうと決めておりました。。

やり遂げた今は、「と、とりあえずやり遂げた…!!」という思いでいっぱいです。…普通のことを書きました。

いや、本当、それ以外出てこない…。結構大変だったんだろうな…多分。(多分?)

でも、書きたくないのにひねり出したとか、そういう内容は一つもありません。

毎日受け取るインスピレーションから記事が書けてました。

そして毎日書く中で、もともとブログ出身のブログ芸人であることを思い出し、なんだかちょっと、ウキウキしてきたり。

自由に好きなだけ書けるブログって、やっぱいいな、面白いなと思ったり。

ネタが意外に尽きないのが、自分でも面白かったです。

「運命は果たして決まっているのか」

https://yukiko032.blog.fc2.com/blog-entry-641.html

という記事、書きましたが。なんかこれだけ補足したかった。

運命とは、自分の運命を発見しに行く旅である。という感じなんだなと思います。

起こってしまったことを何と呼ぶかが運命だ、という人もいます。だからやっぱり、振り返らないと運命は見えないのだと思います。

振り返るのは怖いことじゃありません。

きっと私にとって、書くということは、そういう作業なのです。

あと、途中で「あっ」と思ったのが、まやさんとS&Lレッスンしててふとまやさんが言った「ゆきこさんは、表現することが使命だから…」という一言があって。

実は、それがなんだか、今自分に必要な言葉だったらしい、んです。

なんか「あ、そうか。そうだった。そうだよな」って。

だから、毎日書くことに「なぜ」とは思いませんでした。

私は、表現することが、私のやるべき仕事の全てなのだ、と。

それはどんな形で、何であっても、いいのだと。

確信することができたんです。

なんか、毎日毎日書くことを通して、絵を描きたいモチベも増幅されましたし…。(笑)

いろいろと、刺激になったなぁ。

やってよかった。

毎日(の分)、書いてて単純に楽しかった。

書いても書いても、書きたいこと生まれる日々を過ごしてるのも面白かった。

今度からは丸1ヶ月じゃなくて、一週間連続更新とかにしよう。。それなら楽しんでできると思う。。!少なくとも、その月は7本の記事が更新できるということですからね。

リアルタイムで発信できてるのも久々に楽しかった!

どうしても、じっくり書こうとすると寝かせすぎてアップできなくなるし。

オラクルメッセージのように、貯めておこうと思っていたものをリアルタイムで出せると気づいたのは、私もすごく嬉しかった。少し反応もいただいて、楽しかったです。

今回1ヶ月書き続けて、自分がブログで何をしたいか、ブログで何ができるのか、ちょっと幅が広げられたような気がします。

まだちょっと延期にしたネタとかもちょこちょこあるので、また更新しますね…!

ではでは。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

ご感想とかあったらコメントでもツイでもお気軽にお願いします!

ありがとございましたー!!

ゆきこ 20190531 23:44

ついしん

今日(6月4日)、書いたものをカテゴリ分け作業し始めたら、なぜか記事数が29に下がり…ましたが、手動で数えても29で合ってました。

……私らしい幕引きだなぁ。( ´ ∀ ` )

でっでもでも4月末から企画開始してるので、いっ一応足りてるんだからねっ!!!!🤾‍♀️

よもやま〜ズ(遊びと哲学と麻紐とモルケースとレディーファースト)

この「一日一ブログ」祭りもあと一つで終了なので、溜まってた小ネタをここで放出したいと思います

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・「人生は遊びか?」

若かりし頃に大人たちにしたり顔で言われたバカな発言集、てのが私の中にいくつかあるんですけど(察してください)、そのうちの一つが、これです。

人生なんて壮大な暇つぶしだよとか、しょせんゲームだから、とか、芸術なんて規模のデカい遊びじゃん?みたいな言い方がですね、なんだろうな…どう〜も、昔から嫌いで。

いや、人生なんだから楽しまなくちゃねってのは分かるし、シリアスに取りすぎない方がいいよって意味も、分かる。

でもやっぱりさ、リスクを取って、自分の責任で生きて、でも誰かの思いを踏みにじったりしたくない。そうやって毎日研ぎ澄ませて生きている自分にとって、「人生なんて、遊びだから」という言い方と、それを言った人間たちのなんというか、まぁ、あんたがたはそうなんじゃないかな…という感じとで、どうにもこうにも、しっくり来てなかったのです。

それを先日突然思い出しまして、で、なんでだか英語のレッスンの時にポロッと、そう言ったんですよ、Susan先生に。

そしたらSusanが「あぁ、私も嫌い。人生を勝ち負けで捉えるような感じがするから…」

って、これまたポロッと、言ったんですよね。

でなんか、あぁ、それもあったのか…!て感じました。私が若かりし頃に感じた違和感は、責任感のなさというか、賭けてるものの軽さが気持ち悪い…って感じだったのですけど、勝ち負けで考えてる感じがどっかにある、というのも否めない。勝ち負け…。私がこの世で最も嫌いなものの一つです。

勝ち負けって言われるとなんていうか、無条件にがっかりして、落ち込んでしまうんです。生きたいという気持ちが萎えてぺしょーんと消えてしまうのを感じます。あぁ、なんのやりがいもない世界だなと感じる。

人生は勝ち負けや競争じゃないんだよ…言い方は、とても正しいと感じるから、やる気が出るしモチベーションが湧いてくる。

だから私ってオラクルカードしか信用できないし、使えないんです…よね…。もう理屈じゃない。モチベーションが死ぬ道具なんて、絶対に使えないですもん…。ただでさえ生き死にに関しては相当繊細な感性してるのでね、ちょっとでも自分を萎えさせたらダメなんです。これは私が自分に負った一つの使命なのでしょうね…。

そんなことを思った話題でした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・「倫理と美学」

ツイッター眺めてたら作家さんのがふと流れてきて、その人の見てたら哲学書っていうよりその本が読みたくなって、アマゾンでしばらく探してました。哲学自体は「こねくり回してる」感じが嫌いであまり触っていませんが、高校時代の授業で一番好きだった教科の一つは「倫理」です。

話が脱線しますが小学校の時の「道徳」の授業のことを何一つ覚えていない(教科書の表紙に丸文字ゴシックで「どうとく」って書いてあった映像以外本当に何の記憶もない)ので、多分ろくでもなかったんだろうな、と思う大人であった。

で、最近ですね、アニマルスピリットを引いてるじゃないですか。そこで何度も出て来る言い回しの一つに「莫大な可能性」というものがあるんですが、これね、本当に不思議に思えるぐらい、何度も何度も、出て来るフレーズなんです。

オラクルカード10年毎日引いてるんですから、フレーズとしては耳慣れてますよ。でも、ふとこのカードと向き合ったとき、やはり「じゃあ、莫大な可能性とは実質、何だろう?」と、考えるともなしに考えていた昨今だったのです。

そしたら、ひょんなきっかけで再び手を出した哲学書の、どの翻訳を読もうか…とじっくりKindleのサンプルを読んでいたら、なんか、もうそれだけで「開いて」くるんですよね。思考が。思考の道筋というのか。つまり、私にとってのインスピレーション、なわけですが。

それで突然、「あ、これって私にとっての”莫大な可能性”の一つだなぁ」って、思ったんです。

要するに、自分が頭で考えてしまいがちなのなら、可能性は頭からひらけばいいじゃん、てことか…!と。頭が硬いなら頭から柔らかくしちゃえばいいじゃん、ていう。頭から可能性がどれほど莫大かを流し込んでしまえば相殺できるというか。(笑)そういう感じ。。でもこれって大事だなぁと感じてる。

今月あたりから突然、作家ってすごいんだ、と感じ始め、作家の発言に耳を傾けたり、哲学を読んだりするようになって、言葉のチャンネルが再度突然開いてきたような感じがあって。多分偶然じゃなく、自分がずっと求めていたひとつの出口だったことを感じる。本、ずっと、これだと思うのを読んでなかった気がして、そうすると絵への刺激も少なかった気がして…。美学の本を読みまくってた大学院以降とかは、ある意味、いい夢を見ることができてたと感じるけど、一旦この国に来て暮らすのに慣れるまで、その世界は全て捨て去らなくてはならなかった。それが今、戻ってこれるところまできたのだと思うし、戻さないとこの先もないなって感じがしているのであった。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・「チェコ語の慣用句」

ニコラとの絵本が今年冬にこっちで発売されるのですけど、最初に送られてきた完成テキスト(チェコ語を英語にザクっと翻訳したもの)を読み始めて、めちゃめちゃ焦った。

というのは、英語的に存在していない言い回しがいくつかあることに気づいたのと、チェコ語から英語というのはけっこう機能しないものなので(日本語と英語の翻訳を思い浮かべてください、あのぐらいの誤差)、読みながら何度も何度も、これは何????て頭を抱えてしまって、全然進まず…。。もしかして私の知らないイディオムかもしれない、と辞書をいくつめくって調べたところで出てこない。または、それに近いものはあるが、やっぱり何か根本的に違う……みたいな箇所がいくつもあって。

これが分からないのは私の文化ギャップが大きすぎるからなのだろうか、私が脳内でこのテキストからビジュアルが浮かばないのは私の何かがあれこれ足りないのか…どうしよう…ニコラに迷惑なのではないか…あぁ…うぅ…とかなり悶え苦しんだ後、やっと「とにかく、分からん箇所をまとめて、直接聞こう」と決め、何がどう分からないのか、が分かるまでとにかく気力を振り絞って準備しました。

英語でレポートや卒論書かされてた時もそうなんですが、やっぱりいったん日本語に直して確認していかないと、途中で何書いてるか分からなくなってくるんですよね…。長文ならなおさら。同じこと何度も繰り返し言っちゃってたりすることもありますし…。

なので、こっちで原作がある仕事を受ける時は、必ず自家製和訳を作るんです。じゃないとねー…何がポイントかが見えてこない。。かといって日本語にこだわっちゃうとダメなのでもちろん、軸は英語なりチェコ語なりに置いた状態で、それをやります。はーややこしいね!!

とにかく、それを一週間かかってまとめ終えたので、どうしても解けない謎だった言い回しや表現にハイライトをつけたPDFを送り、それを見ながらビデオ通話で情報量を最大まで上げて、進めることにした。(声だけだと言語能力次第で理解度が下がるからダメなんだよ。余談ですが私がオラクルカードのセッションをビデオ通話に限定してるのもそれです。齟齬や行き違いが増えるからね…そんなの楽しくないからね…。)

んでいざ質問してみたら、

ニコラ「あぁ、これチェコ語特有の慣用句だわ。それが英語に直訳されてるから分からなかったのね、ごめん。。自分でチェックしてる時は、あぁ訳されてるわーって思って気づかなかった…こう言うもんだと思ってたから…」てナチュラルに言われたでござる。

………そうでござったか。

…………そうでござったか………😭

でも、苦しんだ甲斐があったでござる…。。

例えばね、「ポケットの中で何かが燃えている」っていう文章があったんです。

意味不明でしょ。

意味不明なんですよ。

めちゃめちゃ調べたんですよ私も。でも出てこなかった。。

そしたら、チェコ語ではわりとよくいう言い回しで「自分には荷が重すぎるものが懐にある」というような、そういうことなんですって。

英語で言うとheavy burdenでござるな、つったら、そうそれ!だって。

……そっかー😭

でも、めっちゃ面白いな…。文学的ですよね。ポケットの中で何かが燃えているですよ…?

何かこう、良心の呵責とかなのかな、て文脈見てて思っていたのですが、そうじゃなくて単純に「重荷」なんですって。でも、その重荷が、燃えるんですね…!面白いなー。。

おかげで、「これだけチェコ語特有の言い回しがナチュラルにある」ってことに気づいたそうで、次の翻訳から直すよ!て言ってくれて。ニコラ、ものすごい作業量こなしながら翻訳もしてくれてるのに…。ありがとう。。て言ったら「この本は、ユキコ以外とは共有も理解も不可能なのよ。それに私は作家だから、一場面ずつの要素は見えていても、それが全体としてどう見えてるのかは全然分からないの…、それをユキコはできるでしょ。だから、一緒にいてほしい!」て言ってくれて、ゆきこはまた泣いたのであった。

ありがてぇ…。ありがてぇなぁ…。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・2018年の正月に日本で買ってあったスマホケースがさ。

ハリネズミ柄、なんだけどさ。

IMG_3052.jpg

もう今見ると、どう見たってモルちゃん柄にしか見えなくて、買った一年以上後に前のがボロボロになったから〜って付け替えて、外で改めて見て何度も驚愕してるんですよ。これ買った時にまさかモルに似てるなどとは思うはずも…なく…。完全に想定外でしたからねモルモットは…!

なおかつ、この絵、マジでモルちゃんにそっくりすぎて…。ハリネズミって、実物そっくりに描くと、正直あんまかわいくないんですよ。モルモットはかわいいんです!!(親の欲目)いやハリもめちゃめちゃかわいいんですけど(ハリは正直飼いたいと思ったことが何度かあった)、なんちゅうか、このコロンとしたまるい感じはモルなんですよね…。

外出して、はぁ、モルちゃん会いたい…元気かな…て思うたび、自分のスマホケースの柄が目に入って、びびる…。いまだに毎日びっくりしているのでした。

ちなみに、柄よく見て…。ハット被ってる子とかメガネかけてる子とか逆向きの子とかいるの…かわいい。。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・「編み物糸」

IMG_3774.jpg

今日も元気にスーパーで売ってる梱包用の麻紐で編み物作ってたんですが、これは茶色の梱包用の紐ですけど、白い糸の方ね、上品だしコットンやヘンプ100%だし、質が良いのでそれも愛用してて。でも、なんでスーパーに売ってるんだろ?て思ってたんですよ。

そしたら、先日別のお店で「おっこの白い糸も柔らかくていいな♪」と思って買った時、そこについてた写真を見て、やっと分かったんです。

IMG_3778.jpg

うん。

肉縛る用のタコ糸なんだね!!!!!

そう言われてみりゃぁ…その通りでしたばい…。

今日作ったのは、ジャパンから送ってもらった小さな座椅子と、それにクッションを括りつけるための丈夫で太めの飾り紐作りでした。かわいくて丈夫で助かった。。

今まで梱包用の麻紐一本でギュイッて縛り上げてたから、なんていうか…かわいそうだったし…心もとなかった…。。

こういう、ちょっとしたもん作れるの、なんかホッとするんですよね。

IMG_3779.jpg

IMG_3780.jpg

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・「レディーファーストと金のなさが重なると、どうなるか?」

英語の先生のSusanがある日、こないだまで滞在していた息子と一緒に、チェコ人の英語レッスンの生徒をカフェで待っていました。

Susanは言いました。「彼、いつも私に飲み物奢ってくれるのよ。自分は男ですから、ていって。見てなさい」

そしてその生徒が来ました。

彼は、自分以外の男性が同席しているのを見て、その日は飲み物を奢りませんでした。

息子さんはあとで死ぬほど笑ったそうです。

解説。

あのですね、チェコってすごく、古いんですよね。なんつうの。遅れてるんです。(笑)古き良き美しきものを実現しようとする風潮が、いまだにちゃんとあって、なんか「かわいいなぁ」って思う反面、「安っぽいんだよなぁ表面だけだから…」て思うことも多々ありましてね。(笑)

チェコ、基本的に金ないんですよ。物価も安いし給料も安い、まだユーロ入れてないですからねこの国。理由なんか簡単、物価上がるから。。というわけで、金がない。

そんなケチなチェコ人でも、レディーファーストは守らねばならない、男性が席にいたら女性におごるべきである、と。若者ですら、そんな固定観念をまだ持ってる子も多いんです。

それでSusanは、毎回生徒がおごってくれるのが、おっかしくて仕方ない。アメリカから来たSusanからすれば、何その慣習??て感じですからね…。笑

で、今日は息子がいるけど、まぁ私の分はおごるのでは?と思っていたそうなんですよ、そしたら、もう一人男がいたから、あ、今日はいいんだ、って。(笑)その程度なんです、この国の男性のレディーファースト。薄っぺらいんですよ。表面だけなの。。(笑)

でもその付け焼き刃の文化を、守ったほうがいんだろうな、と思ってやってる。

なんか、そういうとこがおかしみがあるというか、なんだろな。

おっかしいですね。(笑)

かわいいな、って思うこともあるんですけど、この国の男とは結婚できないなと私が悟った理由の一つです。(笑)

そんな面白い国で、私は今日も元気に私は暮らしています。

小ネタ集なのに長くなった!!!!!!